訪問看護センター阿部

TEL 0940-39-3274

スタッフ紹介

スタッフ紹介


阿部 久美子
(管理者・看護師・介護支援専門員)

 病院勤務を経て、市の訪問指導を5年間、訪問看護師・管理者として訪問看護ステーションに23年間勤務した後退職し、平成30年5月1日に「訪問看護センター阿部」を開設いたしました。
 乳幼児から高齢者まで病気や障害があっても、住み慣れた地域や家庭で暮らしたい。人生の最期は自宅で迎えたい。そんな利用者様の思いに添って、自宅での療養生活を支援していきます。看護ケアの提供という利用者・ご家族様と深くかかわる仕事なので、やりがいがあります。医師やケアマネジャー、薬剤師などの専門職と連携していきながら、「こころを添える看護」をモットーに、地域に根差した誰からも頼りにされる訪問看護センターを目指していきたいと思います。

 また、今まで長い間看護学生や現場の看護職の指導にかかわってきましたが、自分の知識の薄さや経験のみでしか看護を語れない未熟さを感じ、2016年4月日本赤十字九州国際看護大学大学院に進学し、2018年3月卒業いたしました。今後は、大学院で深めた看護の学びを地域の皆様のお役に立てるよう精一杯努めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

在宅医療インテグレーター

 阿部が2019年度第3回日本在宅医療連合学会主催の在宅医療インテグレーター養成講座(基礎編、応用編)を受講し終了証を頂きました。
 在宅医療インテグレーターとは、患者さんやご家族にとって一番望む姿に近くなるのかを考え(協働意思決定)、その上で関係する各職種と思いを共有し具体的な対処法を考えどう動いたらその思いをかなえられるのか。問題点の現状分析・チームの特徴・制度や資源の調達方法などを統合(インテグレート)して考え、アドバイスする役割を担います。この講習を修了して、少しでも患者さんやご家族、多職種の皆様のお手伝いが出来たらと思っています。

白濱 美津子
(看護師・介護支援専門員)

 病院勤務を経て、訪問看護ステーションで19年間訪問看護師として在宅で療養する利用者・ご家族様にかかわる仕事をしてきました。
 平成30年5月1日から「訪問看護センター阿部」のスタッフの一員として、これまでの経験を活かし、最期までその人らしく住み慣れた我が家で過ごしてほしい・・・その思いで、利用者・ご家族様のことを第一に考えて訪問看護を実践しています。
 地域の皆様のために、長く貢献できるように自らの心と身体の健康管理にも気を付けて頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

荒牧 真紀
(看護師)

 26年間の病院勤務を経て、看護の原点ともいうべき訪問看護がしたいと決心して、平成30年5月1日「訪問看護センター阿部」に就職いたしました。
「訪問看護センター阿部」は、利用者・ご家族様のこれまでの人生観や思いを大切にして、その人らしく過ごしていただきたいという熱い思いで日々看護を提供しています。
 専門職として、人として、常に成長させてもらえる「看護」の仕事に就けたことを誇りに思って、これから「訪問看護師」として地域の皆様のお役に立てるように誠心誠意努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

石松 美保
(看護師)

 今まで看護師として、急性期病棟、外来、訪問看護、デイサービスで経験を積んでまいりましたが、訪問看護の経験年数はまだまだ浅い中堅の看護師です。
 常に「看護とは何か」を考えながら仕事に向き合ってきました。在宅重視の医療が重要となってくる中、もう一度看護について学びなおしたく「訪問看護センター阿部」に就職させて頂きました。
 病気に向き合いながら「住み慣れた場所でいつものように暮らし続けたい」という思いに添い、どんな時も傍らにあり続け、生きていくということを支えていけたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

古賀 美希
(看護師)

 病院看護師として10年以上経験を積んできました。
家族の温もりのある生活の場で、その人らしい最善な看護ケアの提供をしたいと思い、訪問看護の道に進むことを決心しました。
 看護の「看」という字にあるように、「目」などを使って五感で判断し、「手」で身体に触れて、利用者様・家族に心温まる看護を提供したいと思います。

吉村 常美
(看護補助者-介護福祉士、幼稚園教諭、保母教諭)

 今年、訪問看護センター阿部の訪問看護と在宅の先生の訪問診療、ケアマネジャーのケアプランを利用しながら家族を自宅で看取りました。1回でしたが訪問入浴も利用して、本当に安らかな最期でした。在宅医療・看護のすばらしさを体験しました。
 縁あって、この度「訪問看護センター阿部」の看護補助者として就職いたしました。これまでの、介護福祉士や幼稚園教諭の資格を活かして在宅看護に携わることへの喜びを感じています。少しでも在宅で療養される方のお役に立てたらと思います。